診療科のご案内

  • 外来のご案内
  • 外来医師担当表
  • 医師当直表
  • 診療科のご案内
  • 医師紹介
  • 入院のご案内
  • お見舞いのご案内
  • お見舞いメール
  • 各部門のご案内
  • メディカルチェック(ドック)・各種検診のご案内
  • 症状から自己診断
  • 手術実績
  • 心臓血管外科のまめ知識
  • 医療関係者の方へ
  • 看護部
  • あつた中央クリニック
  • 地域包括ケア病床
  • 新棟建設工事

消化器外科

診療内容

消化器外科とは、胃がんや大腸がんなど、消化器系に起こった病気に対して手術を中心に治療を行う科です。もちろん、がんのような悪性の病気だけではなく、胆石のような良性の病気に対する手術も行っています。

当科の特長

当院では、消化器の内科と外科が同一病棟となっているため、医師同士の連携がスムーズに行われており、診断から治療(手術)・退院まで同一スタッフ(看護師を含めた)が一完して行われている事を特長としています。
また、他科との連携もスムーズに行われており、他院では手術困難な重症の心臓病の方や透析患者の手術も数多く行っています。

主な対象疾患・症状

  • 胃がん

昔は、D2と呼ばれる標準手術がほとんどの胃がんの患者に行われていました。しかし、近年胃がんに対する理解がすすみ、「胃がん治療のガイドライン」と呼ばれるものができてきました。これによって、がんの進行度に合わせて、医者や施設に左右されずに、どこでもほぼ同じ治療が受けられるようになってきています。当院でも、この「ガイドライン」に沿って、患者の状態や進行度に合わせた手術や治療を行っています。

 

  • 結腸がん、直腸がん

いわゆる大腸に出来るがんのことです。最近は、食生活の欧米化により増加してきています。以前はS状結腸と呼ばれる部位にがんが出来やすいと云われていましたが、最近の診断技術の向上により、大腸全体に同じようにできると考えられてきています。最近の手術で大きく変化しているのは、直腸がんに対する手術でしょう。昔は直腸がんの手術といえば人工肛門になることが多く有りましたが、現在では手術器械の発達により肛門を残せる手術が非常に多くなってきています。もちろん、当院でも可能な限り肛門機能を残すように多くの手術を行っています。

 

  • 肝がん

この病気は、がんの進行度だけでなく肝臓全体の機能によって治療法を選択しなければならない難しい病気です。再発する可能性も高いのですが、肝臓切除手術のほかに、局所療法とよばれるラジオ波治療・マイクロ波・エタノール注入、あるいはカテーテル治療とよばれる動注化学療法・化学塞栓療法などのいろいろな治療法があります。患者の状況に合わせてこれらの治療法を組み合わせ、総合的に治療を行います。当院でも上の全ての治療法が可能であり、総合的治療を行っています。

 

  • 胆嚢・胆管がん、膵臓がん

これらは、早期発見が大事な病気です。主に、中下部胆管がんや膵臓がんに対する手術を行っています。最近では、胃や十二指腸などをなるべく残すような、機能温存手術が取り入れられています。もちろん、当院でも温存可能な患者さまには行っています。

 

  • 腹膜炎

急性虫垂炎(いわゆる盲腸)、胃潰瘍・十二指腸潰瘍の穿孔などいろいろな原因で起こる病気です。放っておくと、命にかかわることがありますのでほとんどが緊急手術の対象になります。当科ではあらゆる緊急手術に対応しています。腸閉塞(イレウス)この病気もいろいろな原因で起こります。点滴やイレウスチューブと呼ばれる保存治療でよくなることもありますが、緊急で手術が必要な場合や癌が原因となっているため原因治療を優先する場合があります。


  • 胆石症

胆石による症状がある場合や胆嚢がんや胆管がんの可能性があるときには、手術の適応となります。最近では内視鏡による手術が主流となっていますが、当院でも内視鏡による手術を主に行っています。内視鏡手術用の最新の器械を常に導入しており、特に超音波メスの導入後は安全性がさらに向上しています。


  • ヘルニア

いわゆる脱腸と呼ばれていた病気です。ソケイヘルニアや大腿ヘルニアなどいろいろな種類があります。昔は再発率の高い手術でしたが、最近ではテンションフリーと呼ばれる人工膜を使用した手術が主流となってきており、再発はほとんどなくなりました。