診療科のご案内

  • 外来のご案内
  • 外来医師担当表
  • 医師当直表
  • 診療科のご案内
  • 医師紹介
  • 入院のご案内
  • お見舞いのご案内
  • お見舞いメール
  • 各部門のご案内
  • メディカルチェック(ドック)・各種検診のご案内
  • 症状から自己診断
  • 手術実績
  • 心臓血管外科のまめ知識
  • 医療関係者の方へ
  • 看護部
  • あつた中央クリニック
  • 地域包括ケア病床
  • 新棟建設工事

泌尿器科

診療内容

  泌尿器科では、尿路(腎臓、尿管、膀胱(ぼうこう)、尿道)のほか、男性生殖器・内分泌臓器(前立腺、精嚢(せいのう)、精巣、副腎)に関する病気を診察しています。具体的には、さまざまな泌尿器がんの診断と治療、尿路・性器の感染症、排尿のトラブル、尿路結石症などに対して患者さまの状態に応じて、お薬での治療や手術による治療を組み合わせながら対応しています。当院には循環器内科、心臓血管外科、呼吸器科、糖尿病・内分泌内科も併設されており、持病のある患者さまで泌尿器科手術が必要な方にも対応が可能です。

当科の特徴

 排尿障害の診断と治療に対して特に力を入れています。通常の薬物治療などで良好な経過が得られない場合や、他の病院では対応が困難な排尿障害を抱えている患者さまには入院の上で検査を行い、その方の背景を考えながら適切な排尿管理方法を提示しています。具体的には、尿の勢い(尿流量測定)、残尿(残尿測定)、ぼうこうの伸縮性(内圧尿流測定)、尿をがまんする筋肉の働き(外尿道括約筋筋電図)などを調べることで評価が可能です。また、一般的には内服治療では効果の無い前立腺肥大症に対しては手術治療が勧められますが、上記の検査を行う事で、手術を受ける意味や必要性が事前に判断可能となりますので、本当に手術が必要と考える患者さまに対して行う方針としています。

 前立腺肥大症や尿路結石症に対する治療機器としては、高出力ホルミウムYAGレーザーを導入しています。これにより前立腺肥大症には経尿道的前立腺核出術(HoLEP)が可能ですし、尿路結石症には効率的な結石破砕を可能にしています。

 このほか、当科は性同一性障害に対する身体的治療も行っています(現在はFTMに対するホルモン療法)。札幌医大GIDクリニックと協力し、北海道における診療の受け皿の一つとして診療に当たっています。将来的には学会認定医を取得のうえ、札幌医大付属病院と協力しながら性別適合手術の実施施設を目指しています。

 医療を行う上で重要なことは、目の前の患者さまにとって最適な方針は何かを考え、提示し、十分に理解して頂いた上で行うことだと考えています。決して独善的な方法で診断や治療を進めるのではなく、経過の中で他の病院で治療を受けて頂く事がベストであると判断した場合にはお勧めすることもあると思います。しかし、治療が終了した後のフォローなどは、いつでも責任を持って対応致します。どうぞお気軽に受診をして頂ければと思います。

主な対象疾患

 前立腺に関すること(前立腺肥大、がんなど)、排尿障害(過活動膀胱、尿失禁、神経因性膀胱など)、尿路結石症、尿路・性器感染症、各種泌尿器がん、性同一性障害などに対応しています。このほか自身では対応が困難な場合は、適切な医療機関への紹介も行っています。