診療科のご案内

  • 外来のご案内
  • 外来医師担当表
  • 医師当直表
  • 診療科のご案内
  • 医師紹介
  • 入院のご案内
  • お見舞いのご案内
  • お見舞いメール
  • 各部門のご案内
  • メディカルチェック(ドック)・各種検診のご案内
  • 症状から自己診断
  • 手術実績
  • 心臓血管外科のまめ知識
  • 医療関係者の方へ
  • 看護部
  • あつた中央クリニック
  • 地域包括ケア病床
  • 新棟建設工事

呼吸器外科

呼吸器外科では肺・縦隔・胸壁など心臓・大血管・食道以外の胸部の外科的疾患を診療の対象とする臨床科です。主な対象疾患は原発性肺がん、転移性肺腫瘍、良性肺腫瘍、自然気胸、肺巨大嚢胞、縦隔腫瘍、悪性胸膜中皮腫、胸壁腫瘍、胸部外傷、膿胸などです。当科では胸腔鏡下手術(Video Assisted Thoracoscopic Surgery; VATS)を積極的に施行しており、肺がんや自然気胸などの全ての手術に対して早期退院も可能な低侵襲手術を行っております。また、その対極といえる拡大手術にも積極的に対応しております。心臓血管外科の協力を得て、人工心肺等が必要となるかもしれないような胸部腫瘍に対しても、呼吸器外科手術の必要性を勘案し対応しております。

当科の特長

経験豊富な呼吸器外科専門医によるハイ・クオリティーな胸腔鏡手術を施行しております。

主な対象疾患・症状など
  • 胸部悪性腫瘍(原発性肺がん、転移性肺腫瘍、悪性胸膜中皮腫など)
    原発性肺がん、転移性肺腫瘍、悪性胸膜中皮腫、縦隔悪性腫瘍などの胸部悪性腫瘍手術は年間約50例程度施行しております。早期の原発性肺がんに対しては胸腔鏡(VATS)を使用した最大創長が約4cmの低侵襲手術を通常手術として施行しております。また、術式も以前から行われている古典的な肺葉切除のみでなく、残存肺が多く、術後肺機能がより温存される区域切除も同様のアプローチで手術を実施しております。悪性胸膜中皮腫に対する胸膜肺全摘術などの拡大手術も疾患に応じた術式として施行しております。さらに、術中迅速病理診断を用いた術中での方針決定、手術戦略選択が可能で過不足のない洗練された治療が施行できています。
  • 自然気胸
    ほとんどの症例が胸腔鏡(VATS)を使用した低侵襲手術となっており、年間約30-40例程度施行しております。若年者の気胸に関しては早期退院と気胸再発防止によって、通常生活(学校、仕事など)の妨げになる期間をできるだけ少なくすることを念頭に低侵襲手術に努めております。また、中年以降の喫煙、肺気腫による続発性気胸は低侵襲と再発防止を目標にしながら、年齢、呼吸機能、合併疾患、肺癌の可能性などを考慮し治療方針を決定しております。
  • 胸部外傷・膿胸
    多発肋骨骨折による外傷性血気胸や胸骨骨折など、当院整形外科と協力して対応しております。頭部外傷を合併している症例は脳神経外科医不在のため対応しておりません。また、膿胸ドレナージ、低侵襲胸腔鏡下膿胸手術にも対応しております。