診療科のご案内

  • 外来のご案内
  • 外来医師担当表
  • 医師当直表
  • 診療科のご案内
  • 医師紹介
  • 入院のご案内
  • お見舞いのご案内
  • お見舞いメール
  • 各部門のご案内
  • メディカルチェック(ドック)・各種検診のご案内
  • 症状から自己診断
  • 手術実績
  • 心臓血管外科のまめ知識
  • 医療関係者の方へ
  • 看護部
  • あつた中央クリニック
  • 地域包括ケア病床
  • 新棟建設工事

消化器内科

診療内容

消化器内科では、消化管(食道、胃、十二指腸、小腸、大腸)と、肝臓、胆のう・胆管、膵臓などの病気を扱います。
受診するきっかけとなる症状として、腹痛、腹部の不快感、吐き気、嘔吐、下痢、便秘、胸やけ、血便、吐血、全身倦怠感、黄疸などがあり、逆流性食道炎、胃・十二指腸潰瘍、胃炎、急性胃腸炎、胃・大腸ポリープ、肝炎、胆嚢炎、膵炎など良性の病気や、胃がん、大腸がんや肝・胆・膵のがんなど悪性の病気が考えられます。診断のため、胃・大腸内視鏡、エコー、CT、MRIなどを用います。

 

当科の特長

  • 内視鏡検査

胃の検査では、細径の経鼻内視鏡が主流となっています。通常内視鏡(口から)にくらべて楽に受けられますが、画像の鮮明さや、止血などの処置ができないことなど、デメリットもあります。また、鎮静剤を使って半分眠った状態での検査も受けられます。この場合、当日の車の運転はできません。
また、通常内視鏡では拡大観察ができるため、胃や大腸のポリープ、癌が疑わしい病変にはブルーレーザー光を用いた詳細な観察を行うことで、癌かどうかを見分けることも可能です。
内視鏡は、病気を見つけ出すだけでなく、その治療まで行えるようになってきています。たとえば、潰瘍出血の止血、早期がんの切除、ポリープの切除、総胆管結石の除去、胆道ドレナージ、消化管や胆道へのステント留置などです。
 

sho_naika01.jpg   sho_naika02.jpg
※大腸ポリープ(左)とブルーレーザー光による詳細観察(右)

主な対象疾患・症状など

  • 腹痛 : 急性腹症

急性腹症とは急激に起こり、激しい腹痛を伴う数多くの病気の総称で、すばやい診断と治療(多くは手術)が必要なものを言います。原因としては、消化器疾患に限らず 婦人科疾患、泌尿器科疾患なども含まれます。
急性腹症と考えられる病気には穿孔性腹膜炎(胃や腸などの管腔臓器に穴があいて胃・腸液がもれて腹膜炎に至る)、ひどい急性虫垂炎、急性胆嚢炎、急性胆管炎、急性膵炎、腸がねじれたタイプの腸閉塞、ヘルニアで飛び出た腸が数時間戻らない場合、また、お腹の大動脈瘤の破裂、腸の動脈・静脈の急性の閉塞などがあり、これらは緊急手術・処置を必要とする場合がほとんどです。他に、尿路結石、卵巣の捻転などの泌尿器・婦人科の病気もあります。

  • ヘリコバクター・ピロリ菌

 慢性胃炎と言われていたものは、老化によるものではなくピロリ菌が原因とわかりました。ピロリ菌陽性の慢性胃炎(正しくは萎縮性胃炎)から胃癌ができてきます。逆に言えばピロリ菌がいなくて慢性胃炎もなければ、ほとんど胃がんはできません。
ピロリ菌が陽性なら、慢性胃炎が進む前のできるだけ早い段階で除菌治療を受けることをお勧めします。その他、ピロリ菌は、胃・十二指腸潰瘍や胃悪性リンパ腫(MALT)、血小板減少症の原因になることが知られています。
 

sho_naika05.jpg
※早期胃がん

 

  • 血便

 突然の腹痛とともに真っ赤な血が出るものに虚血性腸炎があります。一時的に腸に血が行かなくなり腸がただれるために起こります。若い方で、長期に軟便と出血があれば潰瘍性大腸炎やクローン病が疑われます。原因は不明で、難病に指定されている病気です。
特殊なものとしてアメーバ腸炎があります。これはアメーバ原虫の感染が原因です。痛みもなく大量の血便があれば、憩室出血の可能性があります。大腸にできた憩室という小さな袋の内の血管が切れて出血します。
下痢が続いて出血を伴うものでは感染性腸炎が考えられます。細菌性のもの(食中毒)に多いですが、ウィルス性でも見られます。
抗生剤を飲んだあとに血便があれば、薬剤起因性腸炎・出血性腸炎が考えられます。そして、忘れてはならないのが大腸癌です。
これらは、大腸内視鏡検査を行って診断します。
 

sho_naika05.jpg   sho_naika06.jpg   sho_naika07.jpg
※早期大腸がん(左)と進行大腸がん(右)   ※クローン病

 

  • 黄疸

血液中のビリルビン(肝臓で作られます)が上昇するため、眼や皮膚が黄色くなり、尿の色が濃くなるなどの症状が現れます。
原因は閉塞性と非閉塞性の二つに大きく分けられます。
胆汁が流れる胆管がどこかで詰まったものが閉塞性です。結石、癌が二大原因です。総胆管に結石が見られる場合は、内視鏡による結石除去を行います。癌で閉塞している時は、同じく内視鏡でステントという管を入れて閉塞部を胆汁が流れるようにするか手術を行います。
非閉塞性は急性肝炎などで起こるため、閉塞性とは治療が全く異なります。
なお、胆嚢炎では腹痛、発熱がありますが、黄疸はふつう出現しません
 

sho_naika09.jpg
※総胆管へのステント留置

 

  • 肝炎

 C型慢性肝炎では、インターフェロン注射と内服薬の併用治療が主に行われています。新しい薬の登場で、内服薬のみでの治療ができるようになり、治癒率(ウィルスがいなくなる率)も高まります。肝硬変になっていなければ肝癌のできる率は高くはありません。
B型肝炎は、若い人ではインターフェロン注射でウィルス除去をめざしますが、それ以外の人では、内服薬でウィルスの増殖を抑えて、肝炎を鎮静化して、肝硬変まで進まないことをめざします。残念ながら内服薬ではウィルスの除去は困難です。HBs抗体ができて「治った状態」でも、ウィルスは細胞の中に潜んでいます。肝硬変ではなくても肝癌ができることがあるので、エコーなどでの検査は欠かせません。
アルコール性肝炎は飲酒が原因です。断酒が根本治療になります。飲酒を続けると肝硬変へ進みます。
脂肪肝にはアルコール性と非アルコール性があります。非アルコール性はメタボリック症候群の一症状です。肝硬変に進む脂肪肝炎が1割程度に存在しますので注意が必要です。
 

  • 急性膵炎

 アルコールが1番の原因です。結石が原因のものや原因不明のものもあります。
比較的急に強い腹痛や背部痛が起こります。膵臓全体が「溶けて」しまうような重症膵炎になると死亡率が高くなります。