各部門のご案内

  • 外来のご案内
  • 外来医師担当表
  • 医師当直表
  • 診療科のご案内
  • 医師紹介
  • 入院のご案内
  • お見舞いのご案内
  • お見舞いメール
  • 各部門のご案内
  • メディカルチェック(ドック)・各種検診のご案内
  • 症状から自己診断
  • 手術実績
  • 心臓血管外科のまめ知識
  • 医療関係者の方へ
  • 看護部
  • あつた中央クリニック
  • 地域包括ケア病床
  • 新棟建設工事

臨床工学科

  • 臨床工学技士とは?

この資格は、病院で医療機器が多く使用されるようになり、これまでの医療資格には無かった、高度医療機器の取り扱いを支える職種として昭和62年に臨床工学技士法が制定されてできた資格です。臨床工学技士国家試験免許を所有して業務を行う技士をいいます。

  • 当院の臨床工学科について

科長1名・主任3名・技士5名の9名体制です。日勤業務に加え、休日や緊急呼び出しへの対応を行っています。
業務内容は、生命を維持するための医療機器の操作と保守管理が主となり、「臨床業務」と「機器保守管理」に大別されます。
 

業務の詳細説明
  1. 臨床業務
(1)血液浄化療法業務
腎臓の機能が低下して、血液透 析等の血液浄化療法が必要患者さまの治療を行っています。人工透析装置を稼動させて、本来腎臓から排泄される老廃物を取り除き血液の浄化を行います。
血液浄化の様子 透析室に22台の個人用透析装置を配置して、月・水・金は2部、火・水・木は1部の透析を行っています。血液濾過透析対応の装置も所有しています。また、急性血液浄化には、ICUに透析装置2台配置、その他CHDF装置も所有しています。

(2)手術室業務
循環器科、整形外科、消化器外科の手術の際に立会い、医療機器の操作を担当しています。
人工心肺業務 心臓病の患者さまへの手術が行われる場合、手術操作によっては一時的に心臓機能を停止させて手術を行うことがあります。この際に、血液循環と呼吸機能を医療機器を使用して代行する必要があります。この装置を人工心肺装置といいますが、臨床工学技士が装置の操作や保守管理を医師の指示を受けて行っています。
人工心肺の様子 心臓手術の際、人工心肺装置の操作には、技士2~3名で業務に当たります。心肺操作の関連で、自己血回収装置や体外式ペースメーカー、IABP、PCPSの操作と保守管理も担当します。
腹腔鏡装置操作 消化器科の外科手術の際に、腹腔鏡を使用しますが、装置の準備が操作を担当しています。
運動誘発電位測定など 整形外科手術中の神経障害を回避するための脊髄虚血虚血モニタ機器や神経の方向や相対的近接性を測定する機器を操作しています。

(3)心カテ室業務
循環器や血管系にかかわる疾患が疑われた場合、精密検査のひとつとしてカテーテル検査を行います。この際の清潔野での医師介助を担当しています。
カテ室の様子 シネアンギオ室では、心臓や大血管系のカテーテル造影やPCI、心臓ペースメーカー植え込みなど、多くの検査や治療が行われています。臨床工学技士は、1~2名で、おもに清潔野での医師の操作介助、ポリグラフ装置操作、IVUS等の検査機器の操作業務を担当しています。

(4)不整脈デバイス関連業務
心臓の拍動の異常によりめまいや失神発作を生じる場合、ペースメーカー植込み術や植込み式徐細動器(ICD)使用されます。また、心不全に対する心臓再同期治療での両室ペースメーカー(CRT-P)植え込み術の際立会を行います。 外来患者さまを対象に、植え込まれた後の機器の作動状態をチェック、動作設定の変更などを医師の指示を受けて行っています。 。

(5)睡眠時無呼吸症候群の検査業務
睡眠時に気道の閉塞や中枢性の無呼吸症が出現して日常生活に支障が出てしまう患者さまがいます。この検査として最近では、PSG(ポリソノグラフ)の導入で、脳波や呼吸、心臓の動きを同時に記録できる機器も採用して、より精度の高い検査を行っています。さらにホルター心電図解析業務として、24時間心電図解析や睡眠時無呼吸症候群検査の解析を担当しています。
  1. 機器保守管理業務

平成19年4月より医療法、薬事法の改正に伴い、医療機器管理が義務化されました。医療機器管理責任者の設置、医療機器管理指針、管理計画、保守点検簿の作成や医療機器に関する研修が義務化され、管理体制の強化が重要となっています。
 

(1)医療機器の保守管理業務
病院内の各医療現場には、多くの高度医療機器が配置されて、常時使用されています。これらの医療機器がいつも適正に稼動するためには、適正な保守管理が必要となります。医療機器の管理台帳作成、点検実施と記録管理を行っています。このように生命維持装置といわれる高度医療機器の保守管理を臨床工学技士が担当しています。{われわれが臨床業務によって直接操作する機器はもちろんですが、その他に人工呼吸器、輸液ポンプ、シリンジポンプ、電気メス、心臓ペースメーカー、大動脈バルーンパンピングなどがあります}

(2)医療機器の取り扱いに関する研修
医療機器の購入時や更新の時期に合わせて、医療機器の取り扱い方法や安全使用を目的とした研修会を医師、看護師を主に対象として開催しています。

 

臨床工学科より一言

私たちは、医療機器の専門職として、安全でなお且つ適切に機器が使用されるように業務をして参ります。また、病院で働くことは、常に患者さまを目の前にして業務を行うことです。「患者さま本位」を第一にスタッフ一同、奮闘しています。