各部門のご案内

  • 外来のご案内
  • 外来医師担当表
  • 医師当直表
  • 診療科のご案内
  • 医師紹介
  • 入院のご案内
  • お見舞いのご案内
  • お見舞いメール
  • 各部門のご案内
  • メディカルチェック(ドック)・各種検診のご案内
  • 症状から自己診断
  • 手術実績
  • 心臓血管外科のまめ知識
  • 医療関係者の方へ
  • 看護部
  • あつた中央クリニック
  • 地域包括ケア病床
  • 新棟建設工事

薬剤部

薬剤部は現在、薬剤師7名体制で日々の業務を遂行しています。 近年の様々な医療情勢の変化に伴い、病院薬剤師の業務は実に多様化しています。患者さまに最適な医療を提供するため、日々最新の知識や技術を学び研鑽しています。そうして得た知識や技術を基に、チーム医療における薬のスペシャリストとして、医師や看護師など他の医療スタッフと協力し、患者さまに対する薬物治療が有効かつ安全にしかも効率よく行われるよう日々努力しています。

 

yakuzai01.jpg

 

調剤業務

当院では外来患者さまに対しては院外処方箋を発行しており、調剤業務は主に入院患者さまを対象に行っています。調剤を行う際は、患者さまの内服薬管理能力を考慮し、錠剤やカプセル剤を飲み方ごと(朝食後、昼食後、‥‥など)に1つの包装にまとめる "一包化"を行っています。また患者さまの嚥下能力等を考慮し、錠剤をそのまま服用できない患者さまに対しては粉末化して包装しています。
このように薬剤部では、患者さまに対して最適な内服方法を提供するためオーダーメイドの調剤業務を行っています。

 

yakuzai02.jpg   yakuzai03.jpg

 

注射薬調剤

注射薬は一般的に効果が強力で速やかに効果を発現し、直接血管内に投与されるため慎重に使用する必要があります。注射薬の調剤では患者さまの年齢、体重、基礎疾患やその時の症状を考慮し、処方された注射薬が適切な投与量、投与方法、投与期間や配合禁忌(混ぜてはいけない薬)などのチェックを行い、より適切な注射薬の投与に努めています。
 

yakuzai04.jpg   yakuzai05.jpg

 

注射薬混注業務

二種類以上の注射薬を混合して点滴を行う際には、混合時の細菌混入等に細心の注意を払わねばなりません。そのためクリーンベンチといわれる無菌状態を維持した環境で衛生的に混注をしています。それによって適切で安全性の高い注射薬の提供に努めています。
 

中心静脈輸液  200本/月
末梢輸液    100本/月
抗がん剤    40本/月
yakuzai06.jpg yakuzai07.jpg

 

製剤業務

多様な疾病、病態をもつ様々な患者さまに最適な薬物療法を実施する為には、一般的に供給されている医薬品だけでは必ずしも十分ではない場合があります。そうした多様でかつ個別の医療ニーズに対応するため、薬のスペシャリストとして薬剤部では院内製剤の調製を行い、最適な医療の提供に努めています。

 

  • 主な院内製剤

開心術用心筋保護液(caldioplegia)
下肢静脈瘤ストリッピング局所麻酔薬 TLA solution
大腸内視鏡用0.8%ペパーミント用液

 

医薬品管理業務

医薬品は病気の治療・予防・診断に欠かすことができません。当院でも約700種類の医薬品を採用し、患者さまの治療や検査に使用しています。そのような医薬品が適切な環境で保管され、定められた使用期限を厳守し使用されるように、専任の薬剤師によって医薬品管理を行っています。そのようにして患者さまに対し最適な状態の医薬品が提供できるように日々努めています。

 

yakuzai08.jpg   yakuzai09.jpg

 

医薬品情報管理業務(DI業務)

医薬品適正使用のため専任の薬剤師によって情報収集や院内医薬品ニュース発行など定期的な薬剤情報発信を行っています。当院は製薬企業に対し院内宣伝許可制を導入しており、採用前の医薬品でも製品特性などの情報を取得すためヒアリングを実施しています。また病棟からの質疑応答や医薬品の緊急安全性情報などを院内LANに掲載するなど、病棟薬剤師や他の医療スタッフが医薬品の最新情報を共有化できるように努めています。

 

yakuzai10.jpg   yakuzai11.jpg

薬剤管理指導業務

当院ではすべての病棟において服薬指導を実施しています。服薬方法の説明を通して薬物療法の意義を理解してもらうと共に、相互作用や副作用を確認する事で患者さまに安全で安心な医療を提供しています。またベッドサイドで得た患者さまの情報を医師や看護師にフィードバックし、適切な薬物療法の提供に努めています。

 

yakuzai12.jpg   yakuzai13.jpg

病棟薬剤業務

当院では平成25年4月より病棟薬剤業務を実施しており、各病棟に専任薬剤師を配置しています。入院患者さまの持参薬確認と処方支援、すべての薬の配薬と説明、ご自分で管理できない患者さまに対しては配薬カートへのセッティングなどの病棟業務をサポートしています。

 

yakuzai14.jpg   yakuzai15.jpg

透析室業務

当院では外来透析患者に対しての処方せん発行は院内で行っています。処方内容の確認や配薬、服薬指導を専任の薬剤師が行っています。また、透析室において専任の薬剤師が、入院・外来問わず透析患者さまの血液データ変動などを担当医師へ報告しています。注射薬の変更提案などもサポートしており、透析患者さまの適切な薬物療法の提供に努めています。

 

yakuzai16.jpg   yakuzai17.jpg

 

実務実習指導業務

当院は認定実務実習指導薬剤師が2名おり、積極的に学生の受け入れを行っています。実習は常に「参加型」を目指しており、調剤業務をはじめとして、無菌調製や癌化学療法のミキシング、病棟業務への介入など出来るだけ多くの臨床体験を行えるよう努めています。


実務実習受入実績~1人/年
 

その他の業務

薬剤部では輸血に使用する血液や、その他の血液製剤の供給・管理を総合的にマネジメントしています。また、病院内に設置されている各委員会(感染対策委員会、褥瘡対策委員会、医療安全対策委員会、治験委員会など)に医師、看護師、管理栄養士など他の医療スタッフと共に参加し、専門分野を生かして分担・連携し、質の高い医療を提供できる病院造りに努めています。

 

yakuzai18.jpg   yakuzai19.jpg

 

当院担当MR(医薬品情報担当者)の皆さまへ

当院における情報提供活動につきまして、規定を定めておりますのでご確認の上、ご活動頂きますようお願い致します。

 

【訪問にあたっての注意事項】

1.訪問方法

  ①アポイントがあることを原則とします。アポイントがない場合は、面会できません。

  ②アポイントは、メール若しくは電話にて、医師に直接連絡を行ってください。

    (ただし、電話でアポイントをとる際は、外来診療に支障がないようご配慮ください。)

  ③緊急の連絡事項、重大な連絡事項がある場合は、17時00分までに医局秘書へご連絡ください。

2.訪問時間

  ①アポイントをとる際は、医師と時間調整を行ってください。

  ②17時30分以降に訪問する際は、救急玄関横の守衛室において、所定の用紙に名前を記載し、

    「入館証」を受け取った後、入館くださいますようお願い致します。

3.面会場所

  ①医師が指定する場所で行ってください。

  ②アポイントがない場合は、医局および図書室への入室を原則禁止とします。

4.その他

  ①患者さまや職員に支障がないよう充分ご配慮ください。

  ②医師あての資料などは、直接医師へ手渡してください。1階受付に置いていくことは原則禁止とします。