医療安全対策指針

  • 外来のご案内
  • 外来医師担当表
  • 医師当直表
  • 診療科のご案内
  • 医師紹介
  • 入院のご案内
  • お見舞いのご案内
  • お見舞いメール
  • 各部門のご案内
  • メディカルチェック(ドック)・各種検診のご案内
  • 症状から自己診断
  • 手術実績
  • 心臓血管外科のまめ知識
  • 医療関係者の方へ
  • 看護部
  • あつた中央クリニック
  • 地域包括ケア病床
  • 新棟建設工事

1. 基本理念

 病院で働く者の仕事は、個々の患者さまに最良の結果をもたらすよう努めることにあるが、毎日の仕事の中には、患者さまに重大な事態を引き起こし得る危険性が潜んでいる。

 当院を受診する患者さまが、私たちの不注意によりそのような事態に陥ることはあってはならないし、仮にそのようなことがあれば、私たちの病院の医療サービスを向上させることはできない。安全な医療サービスを提供するためには、"人は誰でも間違える"という人間の本質をもとに、過ちを誘発しない環境や、過ちが事故につながらないシステムを院内に構築することが重要である。

 本指針は、医療事故の予防・再発防止対策ならびに発生時の適切な対応など、当院における医療安全体制を確立し、適切かつ安全で質の高い医療サービスの提供を図ることを目的とする。医療従事者各々が質的向上を図り、事故防止に取り組まなければならないことは当然であるが、「事故は必ず起こる」という前提にたち、医療従事者個人の努力・資質だけに依存することなく、患者さまやその家族、来訪者を含め、信頼・協同できる関係を構築することが肝要である。また、医療機関として組織的、系統的な医療事故防止対策を作成し実践することが重要である。

2. 医療安全管理対策委員会

  • 2-1 医療安全管理対策委員会の設置

本院内における医療安全管理対策を総合的に企画、実施するために、医療安全管理対策委員会を設置する。

  • 2-2 委員の構成

(1)医療安全管理対策委員会の構成は、以下のとおりとする。

  1. 副院長(委員会の委員長を務めるものとする)
  2. 看護部
  3. 薬剤部
  4. 医療技術部
  5. 事務部
  6. 医療安全管理者
  7. セーフティーマネージャー

   役割は以下のとおりとする
    ・ 部署内の医療安全管理活動を推進する

    ・ 部署内のインシデント・アクシデント報告を推進する

    ・ 部署内のインシデント・アクシデント報告について、再発防止対策を所属長と共に検討・推進する

    ・ 医療安全管理対策委員会での決定事項等を部署内へ周知し、徹底する

    ・ 部署内の安全活動の取り組みについての活動や評価を医療安全推進委員会で報告・相談する

    ・ 医療安全に関する部署内の意見を取りまとめ、医療安全管理対策委員会へ提案する

  • 2-3 任 務

医療安全管理対策委員会は、主として以下の任務を負う。

  1. 医療安全管理対策委員会の開催および運営
  2. 医療に係る安全確保を目的とした報告で得られた情報の収集・分析
  3. 再発防止策の検討、および職員へ周知徹底と再評価
  4. 院内の医療事故防止活動および医療安全に関する職員研修の企画立案
  5. その他、医療安全の確保に関する事項
  • 2-4 委員会の開催および活動の記録

 1. 委員会は、委員長が召集し、原則として以下のとおりに開催する。ただし、必要ある時は臨時に開催することができる。

         ・ 医療安全管理対策委員会 (第2・第4火曜日)

     ・ 医療安全推進委員会(第4火曜日)

    ・  医療安全カンファレンス(毎週火曜日)

 2. 委員長は、会議議事録をもって病院長に報告し、議事録を5年間保管する。

 3. 副委員長は、委員長を補佐し、委員長に事故ある時はその職務を代行する。

3. 医療安全管理のための研修

  1. 医療安全管理対策委員会は、予め作成した研修計画に沿って、1年に2回程度、全職員を対象とした医療安全管理のための研修を定期的に実施する。
  2. 研修は、医療安全管理の基本的な考え方、事故防止の具体的な手法等を全職員に周知徹底することを通じて、職員個々の安全意識の向上を図るとともに、当院全体の医療安全を向上させることを目的とする。
  3. 職員は、研修が実施される際には、受講するよう努めなくてはならない。
  4. 病院長は、本院内で重大事故が発生した後など、必要があると認めるときは、臨時に研修を行うものとする。
  5. 医療安全管理対策委員会は、研修を実施したときは、その概要(開催日時、出席者、研修項目)を記録し、5年間保管する。

4. 医療安全に関する相談について

 1. 基本的考え方と対応方法 

    患者さまからの相談に対して、誠実に対応する。また相談によって患者さまなどが不利益を受けないよう適切な配慮を

        講じる。

 2. 医療安全に関する相談について

    病状や治療方針など医療安全に関する相談は、当該部署または医療安全管理者が対応する。医療安全管理者が受け

        た相談内容は、対応報告書にまとめ、医療安全管理対策委員会及び院長に報告する。相談者が希望した場合や、医療

        安全管理対策委員長が診療行為の妥当性について検証する必要があると判断した場合は、医療安全管理対策委員会

        で審議するものとする。患者さま等からの回答の要請がある場合は、口頭または文書により回答する。

 3. 相談窓口について

    医事課に設置し、患者さま、家族の各種相談に対応する。職員に対する苦情や医療安全に関うする相談は、各担当者

        に対応を依頼する。