胃カメラ検査について

当院では、「鼻からのカメラ」も「口からのカメラ」も対応しています。

スクリーニング検査では主に「鼻からのカメラ」を使用しますが、お好みに応じて選択可能です。検査時間は5分~10分程度です。

また、鎮静剤を使用して検査を受けていただくことも可能です!

(鎮静剤を使用した場合は、終了後1時間ほどお休みいただきます。また、当日の車の運転を控えていただきます)

 

  鼻からカメラ 口からカメラ
カメラの太さ 5-6mm 9-10mm
特徴
  • 前処置に時間がかかる
  • 嘔吐反射が少ない
  • 検査中に会話が可能
  • 鼻腔が狭い人は困難
  • 前処置が簡便
  • 精密な診断や処置が可能
起こりうる事象 鼻痛・鼻血 嘔吐反射・喉の閉塞感
画質・操作性 優良
胃カメラの注意事項(午前枠)

前日の夜22時以降は食事を控えてください。

検査直前まで、コップ1,2杯程度の飲水はしていただいて構いません。(ただし、牛乳やコーヒーなどの色のついた飲み物はお控えください)

朝食をぬいて10時までに病院受付へお越しください。

胃カメラの注意事項(午後枠)

朝食は午前8時までに済ませてください(肉類、海藻類はお控えください)。

検査直前まで、コップ1,2杯程度の飲水はしていただいて構いません。(ただし、牛乳やコーヒーなどの色のついた飲み物はお控えください)

昼食をぬいて14時までに病院受付へお越しください。

食事をぬいていれば、当日の臨時検査も可能です!

ただし、予約の方が優先のため、多少の待ち時間が発生することをご了承ください。

札幌中央病院では、随時、予約を受け付けています!
お気軽にお問い合わせください。

外来予約専用電話011-513-0120