• HOME
  • 内視鏡的粘膜下剥離術(ESD)
内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)

内視鏡を使い、さまざまな種類の処置具を使用して病変を切りはがす方法です。

ESDの適応

食道・胃・大腸の粘膜内がんが適応です。大きさは問いません。

がんが粘膜下層にもぐりこむと、血管やリンパ管を通じて転移を起こすことがあります。

 

esd_img01.png

 

ESDは粘膜下層を剥離する手術です。

ただし、粘膜下層浸潤があっても、病状に応じてESDを行う場合があります(技術的には可能です)。

お気軽にご相談ください。

 

esd_img02.png

内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)の手順

鎮静剤・鎮痛剤を使用し、眠った状態で処置を行います。

 

esd_img03.jpg esd_img04.jpg 1.病変の周囲に切り取る範囲の目印をつけていきます。

 

esd_img05.jpg esd_img06.jpg 2.粘膜下層に局注剤を注入し、病変部を浮かせた状態にします。

 

esd_img07.jpg esd_img08.jpg 3.病変部の周囲を切開します。

 

esd_img09.jpg esd_img10.jpg 4.病変部の下(粘膜下層)を剥いでいきます。

 

esd_img11.jpg esd_img12.jpg 5.病変部の切除完了です。

 

esd_img13.jpg esd_img14.jpg 6.切り取った病変部は回収し、病理組織検査に提出します。
ESD 術前診断

ESDは任意の範囲を切除できますが、診断を誤れば不完全切除となっていまいます。

早期胃癌は診断が難しい場合も多いため、様々な手法で術前の精密診断を行います。

esd_img15.jpg esd_img16.jpg

いずれも同じような発赤病変に見えますが、NBI(Narrow-Band Imaging)拡大観察をすると...

esd_img17.jpg

esd_img18.jpg

炎症

左は癌で右は炎症であることが分かりました。

このように粘膜の表面構造や血管構造を観察して癌か否かの診断をします(判断には熟練を要します)。

オリジナル ESD
esd_img19.jpg esd_img20.png 当科田沼医師が開発した「マルチループ(Mループ)法」という独自のトラクションテクニックを駆使してESDを行っています。
医療用絹糸を用いて病変を持ち上げることにより、切開するラインが見えやすくなり、より速く、より安全に治療が行えるようになりました!
Advanced ESD

田沼医師はこれまで1000例以上の治療実績があります。

卓越した技術により、他院で治療困難とされた例も切除できる可能性があります。

1.表在型食道癌 亜全周症例
esd_img21.jpg esd_img22.jpg esd_img23.jpg
2.早期大腸癌 内視鏡治療後再発例
esd_img24.jpg esd_img25.jpg esd_img26.jpg
ESD 実際の流れ
外来
  • 精査内視鏡
  • ESDの説明
入院

約1週間の入院が必要になります。

  1. オリエンテーション
  2. 内視鏡治療(ESD)
  3. 内視鏡・採血
  4. 食事開始(流動食からアップ)
  5. 退院
外来
  • 病理結果説明

*個々の状況により、適宜変更があります

札幌中央病院では、随時、予約を受け付けています!
お気軽にお問い合わせください。

外来予約専用電話011-513-0120