診療科のご案内

  • 外来のご案内
  • 外来医師担当表
  • 医師当直表
  • 診療科のご案内
  • 医師紹介
  • 入院のご案内
  • お見舞いのご案内
  • お見舞いメール
  • 各部門のご案内
  • メディカルチェック(ドック)・各種検診のご案内
  • 症状から自己診断
  • 医療関係者の方へ
  • 手術実績
  • 各種健診
  • 心臓血管外科のまめ知識
  • 看護部
  • ゆうあいクリニック
  • あつた中央クリニック
  • 気胸センター
  • 内視鏡センター
  • 地域包括ケア病床
  • 新棟建設工事

消化器内科・内視鏡内科

診療内容

消化器内科・内視鏡内科では、消化管(食道、胃、十二指腸、小腸、大腸)と、肝臓、胆のう・胆管、膵臓などの病気を扱います。
受診のきっかけとなる症状としては、腹痛、腹部の不快感、吐き気、下痢、便秘、胸やけ、血便、吐血、全身倦怠感、黄疸などがあり、逆流性食道炎、胃・十二指腸潰瘍、急性胃腸炎、潰瘍性大腸炎、クローン病、胃・大腸ポリープ、肝炎、胆嚢炎、膵炎など良性の病気や、食道がん、胃がん、大腸がんや肝・胆・膵のがんなど悪性の病気が考えられます。診断のため、胃・大腸内視鏡、エコー、CT、MRIなどを行います。

 

当科の特長

「内視鏡診断・治療」および「炎症性腸疾患(IBD)診療」を得意としています。

  • 内視鏡検査

 胃カメラは、鼻と口からのいずれかを選ぶことができます。一般に鼻カメラは楽とされていますが、精密な観察は口カメラの方が優れています。大腸カメラは、より苦痛が少なく質の高い検査を行うため受動湾曲型スコープを採用しています。ポリープが見つかった場合、ほとんどのポリープをその場で切除することが可能です。(詳細は、内視鏡センターのページ https://www.sc-h.or.jp/endoscope/ をご参照ください。)胃カメラも大腸カメラも鎮痛剤を使用して検査を受けることもできます(使用した場合、当日の車の運転はできません。)このほか、小腸疾患が疑われる場合には、小腸カプセル内視鏡検査を行うことができます。

 

nai.jpgnaini.jpg  

   

     広くて清潔な検査室です      最新機器を導入しています

 

naisan.jpg

 小腸カプセル内視鏡検査も可能です

   
     
  • 内視鏡診断

 質の高い内視鏡診断には、良い機会とそれを扱う知識・技術が必要です。当科では最新の内視鏡機器を取り揃えており、様々な画像強調技術を駆使して病変の発見、診断を行っています。がんの早期発見はもちろん、胃炎を引き起こすピロリ菌の診断も即日可能です。検査は十分な経験を積んだ内視鏡学会指導医・専門医が担当します。

   

sho_naika10.jpgsho_naika11.jpg

 

  いずれも似たような発赤病変ですが、画像強調技術を用いると、一方癌でもう一方は非癌であることが分かりました。

                   

sho_naika12.jpg

sho_naika13.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

        癌                                                  非癌

 
   
 

この他、胃炎を認識しやすくする画像強調技術もあります。

         

sho_naika14.jpg sho_naika15.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

              ピロリ菌陰性          ピロリ菌陽性(発赤が強い)   

  • 内視鏡治療

 内視鏡治療には、金属の輪(スネア)でポリープを切除する手法(ポリペクトミー)や、電気メスで早期癌を切除する内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)など様々なものがあります。特にESDは難易度の高い手技ですが、当院には国内有数の専門施設で研鑽を積んだ医師や内視鏡技師が在籍しており、質の高い治療を提供することが可能です。

  

tirilyouiti.jpg  tirilyouni.jpg    

 

ESDで早期癌を内視鏡的に切り取ることができます。

早期の食道癌、胃癌、大腸癌が適応になります。

   

                       

また、総胆管結石の除去、胆のうドレナージ、消化管や胆道へのステント留置なども行っています。

         

tirilyousan.jpg  

 

  • 炎症性腸疾患(IBD)

 炎症性腸疾患(inflammatory bowel disease :IBD)は主に若年者に好発し、腹痛や下痢、血便といった症状を呈し、長期間続くことで体重減少や低栄養を引き起こし、患者さんの生活の質(Quality of Life:QOL)を大きく損なう疾患群です。IBDはおもに潰瘍性大腸炎(Ulcerative Colitis:UC)クローン病(Crohn‘s disease:CD)の2疾患を指し、慢性的に消化管に炎症を引き起こします。

 診断には内視鏡などの消化管検査が必要であり、痔などの肛門病変を有する患者さんでは肛門科医師の診察からクローン病の診断がつく方もいらっしゃいます。

 原因は未だ明らかとなっておりませんが、疾患感受性遺伝子や環境因子、腸内細菌叢の変化等が複雑に絡み合う多因子疾患と考えられています。未だ根本的治療は確立されておらず、国の難病に指定されており、一生涯の治療継続が必要とされております。本邦においてIBD患者数は近年増加の一途をたどっている一方、さまざまな治療法が開発されたことで、以前に比べ患者さんの生活の質を上げることが可能となりました。

 また、近年、問題となっているのが、長期罹患患者における炎症性発癌であり、治療継続および内視鏡検査などの定期的な消化管検査が必要と考えられております。

 

●難病情報センター(クローン病) https://www.nanbyou.or.jp/entry/81

●難病情報センター(潰瘍性大腸炎)https://www.nanbyou.or.jp/entry/62